アロマセラピーとは


アロマテラピーとは、『AROMA=芳香   THERAPY=療法』香りによる療法のことをいいます。

 

アロマセラピーの歴史は化学薬剤が誕生する前から、天然の薬として人々の生活の中にありました。

その歴史は古く、古代エジプト時代までさかのぼります。

 

健康風呂としてハーブのお風呂に入っていたり、

歯の強壮として、噛んでいたり

火傷の治療として用いたり

ハーブをお水につけて、美容化粧水として使用したりしていました。

 

 

日本でも、妊産婦ケアや婦人科、ホスピス等の医療機関の他、スポーツ選手へのケア、また様々な不定愁訴のケアに働きかけるとして注目されています。

 

 

精油は、花や葉、樹、樹脂、果皮などから取れる自然の恵みがギュッと濃縮したオイルです。
精油は、様々な成分の集合体から出来ています。この成分のことを「芳香成分」といいます。

この芳香成分を化学的に分析し、その効果を立証した精油メーカーを当サロンでは使用しています。

天然の産物である植物を体に塗布しケアするため、その内容は明確ではないといけないと思っています。

なぜならば、この天然の芳香成分達が、あらゆる効果効能を持ち合わせており、心身へと働きかけてくれるからなのです。

 

特にそのこだわりが高いフランスのメーカーは、「精油はオーガニックで安全性が高くなければいけない」と考えられており、精油が作れる農家も限られています。

こだわり高い、フランスで作られたプラナロム社とルコントワール社を当サロンでは使用しています。

 

 

PRANAROM

 

薬剤師でもあるドミニック・ボドゥー氏が社長を務める、プラナロム社の精油です。

ケモタイプ精油ともいい、精油を化学的に検証し、分析しその内容を立証している精油です。

 

医療の中でも使用され、様々な症例研究、発表も行われています。

 

プラナロム社のホームページ → こちら


LE COMPTOIR

 

フランスでは、プラナロム同様に薬局で取り扱いのある精油です。

創業以来、薬剤師と協力をとり、7000店舗の薬局でお取り扱いのある精油です。

 

土壌や植物の栽培、選択にこだわり作られた精油です。

 

ル・コントワール社のホームページ → こちら