セドナからの贈り物

セドナからの贈り物

先日、前職の上司と食事に行ってきました。

退職してからずいぶん経つのに、『上司と食事』というだけで、なんだか緊張してしまいます。

 

職場にいる時から、遊びに行ったり、お家に泊まりに行ったりして仲良くさせていただいていたのですが、久しぶり過ぎて、緊張してしまいました。

 

そんな上司からいただいた贈り物(写真)

本場セドナから届きました。

 

ハーブは、ホワイトセージの葉です。

ネイティブアメリカンが、邪気を祓い、神聖な空間を作るためにこのホワイトセージの葉を焚いていました。

古くからあらゆるものを浄化する作用があると言われているそうです。

 

私は、引越しの時には必ずこのホワイトセージを焚いて、前に住んでいた方の気を祓って、新しい気を入れるようにしています。

また、ひどく自分が疲れてしまった時や、いやーな心持になってしまった時、いわゆる「邪気」を持ってしまった時に、お部屋で焚いて気を沈めるようにしています。

 

特に朝6時ころ、ホワイトセージを焚いて、

ヨガマットに座って外の澄んだ空気を体内に入れて、

鳥の鳴き声の中、瞑想やストレッチをしているととても穏やかな気持ちになれます。

 

自分の心のコントロールをするにも、私にとっては大切なアイテム。

 

「ネイティブアメリカンは、こうやってシェル(貝)の上にホワイトセージを入れて焚いているのよ」

と言って、プレゼントして下さいました。

 

なんてオシャレ☆

 

ネイティブアメリカンからしたら、オシャレアイテムではないと思うのですが、やっぱりオシャレ☆

 

サロン内でのとても大切なアイテムの1つとなりました。

 

サロン内では、お客様をお迎えする入口に置いています。

 

ホワイトセージの浄化する「良い気」を吸収してみてくださいね。