ストレス脳

ユーカリレモンの精油

昨日の

 

「ビートたけしのみんなの医学」のテーマが『ストレス脳』でした。

 

面白かったので、少し書きたいと思います。

 

人はストレスを抱えると右脳(前頭葉の)血流がアップし、「身体がストレスを抱えているよ」と脳へ伝達、そしてそのストレスに対応しようと更に活発になるそうです。

こうなった状態をストレス脳といい、身体は不眠、肩こり、頭痛、イライラ、パニックなどの様々な不調をきたすそうです。

 

では、逆の左脳(前頭葉)の血流が高まっている時の状態を「リラックス脳」といい、血流もそれ以上高くなることなく安定して流れているそうです。

 

人は、このスイッチをうまく切り替えて生きているのですが、どうしてもストレスを抱えることが多くなると、このスイッチの切り替えがうまく出来なくなって、心身の不調として現れるんですね。

 

では、このリラックス脳に切り替えるためにはどうしたら良いのか・・・

 

という質問で・・・

 

いちばんお勧めなのは

 

『好きな香りを嗅ぐこと』だそうです!

 

にきびに悩んでいた人が、ストレスが緩和されて、皮脂量が減ったという症例や

不眠症の人が1週間芳香して過ごしたら、いつも30分かかった寝つきが10分で寝付けるようになったという症例をお話されていました。

 

香りは、鼻から入って、まず右脳左脳へと直結して香りを届けるので、改善が早いとおっしゃっていました。

 

そして、アロマは副作用がないので、手軽で有効的ですよともおっしゃってましたね。

 

ストレスを抱えている方へ、アロマテラピーはとても有効です。

さらにトリートメントでのタッチング効果はリラックス効果も高く、身体から心まで解すことが可能です。

 

ぜひぜひアロマテラピーをお試し下さい。

 

そして、 『NEWS!』にも書きましたが、

 

新しくユーカリレモン(写真)が入荷しました。

 

ユーカリレモンも誘眠効果が高い精油です。

さわやかで甘さのある香りは、この季節にぴったり。

 

ご来店の際には、ぜひお試しくださいね。